ライヴハウスのステージを両足で踏み締めてきたバンドだからこその真っ向勝負のライヴ。

  • 2019年6月23日
  • 0623

雨雲の近づいてきた空をすら笑い飛ばすように、サザンオールスターズの“HOTEL PACIFIC”を背に登壇したHOTSQUALL。「ロックソルジャーはどれだけいるか!!」と叫んで鳴らされた“Rock Soldiers Never Die”からつんのめるようなスピードでかっ飛ばしながらも、3ピースのヒリヒリとしたアンサンブルの中に芳醇なコーラスワークが煌めいている。メロディと爆走感に涸れない青春性を宿してはばら撒く大文字のメロディックパンクは、開始から2分でキッズ達との距離をなくしてひとつの熱の塊へと変貌した。

その「近さ」を生み出しているのは、「ショーを観にきたんじゃねえだろ? 曲知らなくたって勝手に楽しめるだろ?」という言葉通りの姿勢で観客に突進していくライヴだ。脇目も振らず前だけを見て、何度も「行こうぜ」と叫んで、執拗なほどに目の前の人となんとか繋がって、肩を組もうと迫ってくるライヴ。文字にすればなんて暑苦しいんだという感じだが、ただ汗まみれになって声をあげて自分を解放できる「メロディックパンク」という音楽が叶えるのは、その暑苦しさを通じて笑顔になれることの喜びだ。まさにライヴハウスのステージを両足で踏み締めてきたバンドだからこそのライヴだ。真っ向勝負である。

ライヴハウスをそのまま屋外に持ってきたような佇まいのCHAOS STAGEにぴったり――というか、ライヴハウスという濃密なコミュニティで繋がり続けたバンド達へのリスペクトがこのDEAD POP FESTiVALに宿る絆であることを考えれば、延々ステージとピットの衝突が繰り返されていくライヴは、DEAD POP FESTiVALの根幹と原点を最も表しているものだとも言えるだろう。CAVE STAGEとCHAOS STAGEの間に一切の垣根がないDEAD POP FESTiVALの構造上、ライヴハウスのような近さと熱さにブチ上がると同時に、遠くまで音を飛ばす解放感に高揚し昂ぶる快感も感じられるのだろう。端から伸びやかでスウィートなメロディが、曲ごとにグングン飛び上がっていく。特に“YURIAH”と“This is my story”は、掠れるギリギリまで絞り出した歌のキレと熱に応えるようにしてピットの隆起が凄まじいものに。

言葉で説明するよりも、ただただ前に向かって爆走しては歌ってもんどり打って転がっていくだけのライヴ。だが、“Won’t let you down”のラストサビで歌というよりも叫びに近くなった声がそのまま、今このステージに懸けて必死に生きていく姿を刻みつけようとする心の表れだったのだと思う。「人生を笑え」という言葉にこそ切実な歌声を乗せたラスト“Laugh at life”がまさに表していたように、何も上手くいかない日々を誰もが持っているからこそ、何もかもを振り切るようにしてスピードを上げ続けるのがメロディックパンクなのだという意志を響かせるライヴだった。

M1.Rock Soldiers Never Die
M2.Day light
M3.LIKE THE STAR
M4.YURIAH
M5.Let’s get it on
M6.This is my story
M7.Cause you are here
M8.Place in the sun
M9.Won’t let you down
M10.Laugh at life

写真 半田安政
文 矢島大地