混沌のなかに生まれた魂の架け橋―― The BONEZがDPFをユナイトさせる

  • 2019年6月23日
  • 0623

SEのBEASTIE BOYS「Sabotage」が流れると、観客は一斉に手拍子。そして、それに迎えられるようにThe BONEZの4人が登場した。JESSE(Vo/Gt)は、“We are The BONEZ!”と自己紹介すると、下手の観客、続いて上手の観客にThe BONEZコールを要求し、そのまま1曲目「Adam & Eve」へとなだれ込む。90年代のヘヴィなロックを10年代版にアップデートしたサウンドで観客の熱量をグッと高め、その反応を見てJESSEはいきなり客席へと飛び込んだ。そして大声を求め、荒れ狂う野郎どもの上に立ち、歌った。ライブの展開もクソもなく、一気に距離を詰めてくるのが彼らしい。

「生きてる人、どんだけいますかー!」と呼び掛けたあとにプレイしたのは「LIFE」。ハードな演奏から一転、エモーショナルなミドルチューンで混沌としていたフィールドの一体感を再びギュッと高める。ZAX(Dr)の硬質なドラムはシンプルながらも、ダンスミュージックとクロスオーバーしたビートで皆を踊らせ、JESSEは笑顔でシンガロングを要求する。1万人がユナイトする美しい瞬間だ。

最近だと、The BONEZは昨年のツアーでSiMを対バンに呼んでいるが、そもそもThe BONEZを初めて地方での対バンに誘ってくれたのが彼らだったという。いやはや、SiMの目利きの確かさよ。

後半戦は、ライブハウスのために作った曲「Place of Fire」からシームレスに「Thread & Needle」へと流れていく。ドラムのフレーズが叩かれ始めた瞬間、ガッツポーズするキッズ多数。この曲に限らず、ZAXのプレイは冴え渡っていた。間奏では、ステージ中央付近にリフトをするキッズが続出し、中央のモニター上に君臨するJESSEに向け、大音量のシンガロングを届け、JESSEは「受け取った!」と最後のサビを皆と歌い上げる――これはわかりやすい例だけど、ライブ中、ステージと客席の間では常に魂のラリーが行われていた。もう一度言う、本当に美しい。バンドとファンのこんな関係が実にうらやましい。

ラストは4人が昨年新たに生み出したアンセム「SUNTOWN」。音源では温かみのあるサウンドが印象的だが、ここではそれよりももっとハードで、ぶっとくて、とんでもなくポジティブなバイブスに満ち溢れていた。知らない間にとんでもない曲に生まれ変わっていた。これが今の、2019年のThe BONEZなのか。

最初こそ飛び道具的なパフォーマンスで目を引いたが、そのあとはMCに多くの時間を割くこともなく、真正面から自分たちの曲と、観客に向き合ったライブを展開させた。そんな真摯なパフォーマンスは、やはり温かかった。もちろん、演奏はブリブリだし、JESSEも声を枯らさんばかりに叫んでいた。しかし、彼らの本質にあるのは、仲間であり、家族であり、ユニティだ。そのメッセージは、バンドとしての力量が高まれば高まるほど強力になり、たとえ歌詞の意味がわからなくても人の心を満たし、もっと多くの人を集めることになる。彼らのパフォーマンスで大暴れするのはもちろん楽しいだろうが、ただじっと耳を傾けているだけでもThe BONEZのライブは人を幸せにするのだ。

ライブが終わり空を見上げると、あいかわらず厚い曇が広がっていた。なんだ、陽が差していたように感じたのは、4人が起こした錯覚だったのか。

M1.Adam & Eve
M2.Louder
M3.LIFE
M4.Place of Fire
M5.Thread & Needle
M6.SUNTOWN

文 阿刀 “DA” 大志
写真 半田安政