お前らと、俺らはわかり合える気がするから!

  • 2019年6月22日
  • 0622

フェスも中盤。CHAOS STAGEで新世代バンドSIX LOUNGEの爆音ロックンロールを聴いたあとに、CAVE STAGE に登場する10-FEETを待つ。SiMを軸にして、若い世代から盟友、先輩へ、途切れることなくつながっていくバトン。それも、もう中間地点まで差し掛かった。会場にSEが流れ出すと、集まったお客さんが様々なタオルを頭上に掲げ、CAVE STAGEにカラフルな絶景が広がる。1曲目は「蜃気楼」。

TAKUMAVo/Gt)のボーカルを追いかけて、NAOKIBa)の歌声が重なる。KOUICHIの高速ビートが炸裂した「VIBES BY VIBES」では、集まったお客さんが一斉にジャンプ。スリーピースで鳴らす重厚感のあるロックサウンドのなかで、図太いメッセージを放つTAKUMAの、強くて、優しい歌に、泣きたくなるような感情が込み上げてくる。

新機軸のミクスチャーロックとして完成させた新曲「ハローフィクサー」のあと、ギターのイントロ一発で大きな歓声が湧いた「RIVER」へ。サビにいくと思わせて、「いくと思ったやろ?」と悪戯っぽい表情を見せたTAKUMAは、曲の中で語りかけた。「今日、着いたら雨ザーザーで、おもしろいぐらい降ってて。そのときに、MAHと目が合いました。MAHは、ひとこと言いました。(雨を)引き受けました。もう雨も降り切ったみたいやなー!?」と。来週からは10-FEETも地元で主催フェス「京都大作戦」を開催する。去年、その「京都大作戦」は豪雨で中止になった。互いに大規模な主催フェスを経験するバンド同士、天候に泣く悔しさもわかるからこそ共有できる想いがあるのかもしれない。

「お前ら、まだまだ行けるだろ? デッドポップ10回目、ここで5回目。お前らはまだやれるって、俺らは知っている!いくぞー!」と煽った「1sec.」では、TAKUMAが、SiMのフェスということを意識してだろう、ウォールオブデスを誘うように腕を開くが、おもむろにその手を閉じてしまう。まるでTAKUMAの手の上で操られるような遊び心のある展開に、スクリーンには、ステージ袖で見守るMAHの楽しそうな笑顔も映し出された。

「悲しみ、寂しさ、妬み、恨み、弱い自分、強い敵、忘れたいこと、後悔、あー!あー!!嫌いな自分、嫌いな奴、負けたくない奴、負けたくない自分、負けてるか? 勝ってるか?

なんとかやれてるか? 忘れたいことがあるか? それとも、まともに思い出して打ち勝ちたいか。音楽は嫌なことを忘れさせてくれる。けど、忘れたくて仕方がないことを、ええ感じの気持ちで、今日は思い出してみようかと、そんな気持ちにさせてくれるのも、音楽のええところや!」と突入したのは、悲しみを越えてゆくためのアンセム「その向こうへ」だ。サビでNAOKIが足を力強く蹴り上げ、巻き起こる大合奏。続けて、「ヒトリセカイ」へ。シャツの胸元を汗でびしょびょにしながら、時々、メロディの合間に、あー!と叫び、「お前らと歌いにきたんや!」と言葉を挟んだTAKUMAは、最後に「お前らと、俺らはわかり合える気がするから!」と、渾身のちからで叫んで終演。これぞ、10-FEET

セットリスト:
M1.蜃気楼
M2.VIBES BY VIBES
M3.ハローフィクサー
M4.RIVER
M5.1sec.
M6.その向こうへ
M7.ヒトリセカイ

写真 スズキコウヘイ
文 秦理絵