BIOGRAP2HY

湘南で結成されたレゲエパンク・バンド、SiMが主催するフェスティバル、DEAD POP FESTiVALが2021年に開催されることが決定した。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止に追い込まれたが、そのリベンジ開催ともなる。第一報として開催日などが発表され、同時にチケット最速先行予約受付が始まった。今年は6月26日(土)と27日(日)の二日間にわたって行なわれ、会場はこれまでと同様、川崎市東扇島東公園特設会場だ。出演ラインナップも、順次発表されていく予定だ。
DEAD POP FESTiVALは、「壁を壊す」をテーマとしてSiMが主催するライヴ・イベントで、2010年渋谷club asiaでの初開催以来、恵比寿LIQUIDROOM、渋谷O-EAST、新木場STUDIO COASTと着実にその規模を拡大し続け、2015年夏に念願の野外フェスティヴァル化に成功、今回で開催11回目、また野外フェス化6年目を迎える。
新型コロナウイルス感染対策を徹底しての開催となるので、オフィシャルサイトのガイドラインを随時チェックして欲しい。