壁を壊し続けるSiMと仲間が作り上げたDEAD POP FESTiVAL 2017、大団円

「壁を壊す」を合言葉にSiMの呼びかけでジャンルもシーンも年代も超えたアーティスト達が一堂に会すDEAD POP FESTiVAL。2日間のラストを飾るのは勿論SiMだ。

けたたましく鳴るサイレン音を合図に挙がる拳と大歓声の中、SHOW-HATE(Gt.)、SIN(Ba.)、GODRi(Dr.)、そしてMAH(Vo)が登場。その表情から感じるのはとんでもないラスボス感。これがフェスを作り上げた男達の顔なのだ。

「今日の主役は集まってくれたみんなひとりひとり…ではありません!調子に乗るな!ザコキャラどもかかってこい!主役の登場だ!」とMAHらしさ全開の煽りで「KiLLiNG ME」「RiOT」と叩きつけるとキッズも激しく応戦。縦に飛んで横にノッて全身でSiMに応える。畳み掛けるように「TxHxC」で伝家の宝刀を抜く完全武装モードのSiM。スラッシャーなハードコアナンバーに巨大なサークルが発生し、そのまま展開はレゲエモードに突入。

快晴だった2日目のDEAD POP FESTiVALにぴったりの「paint sky blue」はSiMの真骨頂とも言えるロック×レゲエのクロスオーバーサウンド。ベースソロからギターソロ、そしてコール・アンド・レスポンスの流れで生まれた一体感はこの2日間を象徴するようなピースフルな空間だった。

ステージ横にズラリと集まった仲間達を見ながらMAHは「色んなフェスが日本中にあるけどバンドマン主体のフェスの良い所は色んなバンドマンが駆けつけてくれること」だと語りDEAD POP FESTiVAL初日に出演していたHEY-SMITHのホーン隊を呼び込み「GUNSHOTS」を披露。このスペシャルセッションに大歓喜のモンキーダンスで応えるキッズ達。こういうセッションが生まれるのもバンド主体のフェスだからこそだ。「踊れるか?アホになろうぜ!」の掛け声と印象的なギターに誘われて会場が一斉に踊りだす「PSYCHO」と続く。現在におけるフェスの存在が知らないバンドとの出会いの場となっていることからセットリストは有名な曲で構成されることが多い中、「PSYCHO」のようなカップリング曲を披露することもコアなファンに向けたSiMからの粋な計らいだろう。

「俺の人生は決して美しいものではなかった。苦しい思いもしたし這いつくばりながら何とか今もやっている。決して綺麗な色ではない人生だけど、その人生が生んだのがこの景色です。」とMAHが静かに語りかけ歌った「Life is Beautiful」は本当に美しかった。「生まれ変わっても俺はまた俺に生まれたい。何度でもこの薄汚れた人生を生きてやる。」と力強く言い放つMAH。自分の人生を肯定する彼らから教わることは本当に多い。「俺も俺の人生を生きてやる。」きっと集まったキッズ達もみんなそう思ったのではないだろうか。そしてそんな薄汚れた人生を踊ることで輝かせるようなナンバー「Dance in the Dark」でライブ本編は終了した。

鳴り止まないアンコールの中、DEAD POP FESTiVALを2日間支えたスタッフへの感謝を伝えるMAH。「ルールを作るのが嫌だからなるべくライブハウスに近い形のフェスを作ろうと思って。大切なのはそれを支えてくれる1000人以上のスタッフがいるからです。帰りにスタッフの顔を見たらお礼を言ってあげて欲しい。」とせっかく良いことを言った後の「そして何よりSiMにありがとうって言えー!!」と照れ隠し発言。これもMAHだ。

出演者全員がステージに登場し写真撮影が行われるとアンコール1曲目は「Blah Blah Blah」を演奏。DEAD POP FESTiVALが大団円を迎えようとしたそのとき、ステージに現れたのはCrossfaithのKoie(Vo)だった。「こんなもんで終われるのか!こんなもんで本当に終われるのかDEAD POP FESTiVAL!」と叫ぶとKoieを交えた「f.a.i.t.h」を披露。それでもまだまだ満足しないKoieは「こんなんじゃ終われません!」と駄々っ子っぷりを発揮。MAHも「わがままだな」と笑みを浮かべながらまさかの2回目の「f.a.i.t.h」。ここでkoieに加え、初日に出演していたcoldrainのMasato(Vo)も登場し、まさかのトリプルヴォーカルという無敵バンド状態での「f.a.i.t.h」でDEAD POP FESTiVAL 2017が幕を下ろした。

今年で8回目の開催となったDEAD POP FESTiVAL。最後にMAHは「確かじゃないことは言いたくないけど、この場で言いたいことがあるから言います。来年もここでやりましょう。」と嬉しい約束をしてくれた。壁を壊し続けるSiMが来年はどんな壁を壊してくれるのか。今から楽しみだ。

【SET LIST】
01.KiLLiNG ME
02.RiOT
03.TxHxC
04.paint sky blue
05.GUNSHOTS
06.PSYCHO
07.Life is Beautiful
08.Dance in the Dark
En1. Blah Blah Blah
En2. f.a.i.t.h

取材・文:柴山順次
写真:Yasumasa Handa / Yuji Honda