ライブハウスのリアルなライブ30分間フルセット!

STOMPIN’ BIRDはDEAD POP FESTiVALへの出演は2015年以来、2回目のCHAOS STAGEになる。やはり、今日も最高のパンクロックショウが展開されていた。CHAOS STAGEでは、GOOD4NOTHING~STOMPIN’ BIRD、とパンクロック勢が立て続けに登場し、クラウドサーフにモッシュが鳴り止まない状態だ。それにしてもお客さんの楽しみ方の幅が広い! これもDEAD POP FESTiVALの特徴の1つであろう。高速2ビートにはクラウドサーフ、裏打ちビートにはステップ、時にシンガロングし、ヘッドバングにも応じる。オーディエンスが音楽の楽しみ方をよく理解しているのだなぁ…と、しみじみ感じられた。

さて、STOMPIN’ BIRDは逗子発の3ピースバンド。SiMと同じく神奈川を故郷に持つバンドだ。同じシーンにいる先輩、後輩として、彼らが放つ熱気はいつも以上にすさまじく、この日もパンクロック・プライドを見せつける圧倒的なライブを見せつけていた。時刻は14:50頃、上昇し続けていた気温もひと段落したが、会場はちょっと危険なぐらい暑い。そんな中、SEもなしに入場してきた3人、いつものライブハウスでのライブと同じスタイルで楽器を構え、YASU(Ba&Vo)がひと言。「すごい内部的なことを言うけど、ここで5分音出ししてライブやってくださいって言われてるけど、やらないから。オレらがなんで呼ばれたかと言うと、知っている人も多いと思うけど…。時間調整です」ここで笑いが巻き起こる。その後、軽く音を出し「STOMPIN’ BIRD! ライブハウスに突っ込みにきたんだよ!」というYASUの気合いから一気にライブがスタートした。

彼らのライブではお馴染みの2連発『I Love Me』、『Brandnew World』で、すでにマイクスタンドを客席に放り込むYASU。ひたすら楽器を鳴らし歌いきるTOM(Vo&Gt)。もちろんクラウドサーフは鳴り止まず、ここは横浜FADか!? と思ってしまうほどのライブハウスな景色が広がっていた。そこからほぼノンストップでラストまで突っ走っていくことになる。4曲目『Colors』を終えてからのMCで、YASUは「オレたちがなんでDEAD POP FESTiVALに出るのかって言うと、毛細血管の先の先まで血が通ったフェスだと思っているからだ」とDPFへの思いとSiMへのリスペクトを述べ、後半は怒濤の勢いで最後まで、これぞ“ライブ”で時間を構築し、ドライブしまくりのパンクなステージを展開した。終盤の『Brave Song』のイントロでは雲の合間から急にCHAOS STAGEに日差しが降り注ぎ、光が溢れ、その光景に否応無しに心を動かされてしまった。

ライブが終了し、お客さんがいなくなったCHAOS STAGEの地面に散らばった芝生を見つめながら「ほとんど戦争じゃん」と言い放っていたSiM Tガール、アナタの仰る通りでございます…。そのくらいすさまじい30分間でした…。

常にライブハウスでパンクロックを鳴らしているバンドは、やはり武骨ながらも圧倒的な力強さを持っている。過度な装飾や演出などなくても、ライブ力でグイグイ場の雰囲気を変えてしまう。それはSTOMPIN’ BIRDが長年に渡って自分たちらしいパンクロックをDIYでブレずに続けているからに違いない。ここDEAD POP FESTiVALでも、STOMPIN’ BIRDはライブハウスでのライブを貫いた。

【SET LIST】
01.I Love Me
02.Brandnew World
03.Now or Never
04.Colors
05.Wild Ride
06.Ready to Rock?
07.Rumor
08.Cheers
09.Candle
10.Brave Song
11.Hurry Up

取材・文:田島諒
写真:Kohei Suzuki